小学生時代のクラスメイトの言明

先日、田舎に帰ったときに母校の小学生の前文を通り、
当時のことを懐かしく思い出していました。

じんましんで入院した1年生の内。
レクチャーで身近からもらいゲロをした2年生の内。
ザリガニの背中に画鋲で罠をあけた3年生の内。
給食のミート核をぶちまけた4年生の内。
のどちんこを切って吐血した5年生の内。
「ボボボーボ・ボーボボ」にハマっていた6年生の内。

どんなアホな備忘録も、25年齢になった今となっては微笑んでしまう。

そんな私の小学生毎日を彩ったクラスメイトの中で、
別にスターだと思うH氏のことを紹介します。

それはある日の総合実践の時刻。

その日私たちの課程では、「友達好きな実績上の人柄を1者選び、
その人柄について調べてまとめた部分」の口外会を通していました。

H氏の選んだ実績上の人柄は、勝海舟でした。

ただし、亭主は流感で概況を崩し探索オペが大幅に遅れたのに加え、
持ち前のいい加減な実践愛想も手伝い、口外会の太陽が来たものの
勝海舟についてすっかりまとめることができていませんでした。

他の乳幼児たちは模倣用紙に色とりどりの画用紙やえんぴつでカラフルにデコしながら、
小野小町、シューベルト、原点頼朝、様々な人柄について発表していきました。

そうして何とか、H氏の番・・・

サボっていた亭主の模倣用紙はほとんど純白です。

息づかいをのむクラスメイト、そして医師の睨み。
かろうじて、実績の本を見ながら苦し紛れに描いたであろう勝海舟の似顔絵と、
「勝 海舟」とミミズがのたうち回ったような文字だけ書かれた模倣用紙を棒で示しながら、
亭主はこう発表しました。

「こちらが勝海舟について調べて分かったことは、額が大きいことと、鼻の罠がデカイことです」

H氏には、おんなじ小学生、中学生を出て以上10時代会っていません。
現在ちらっと思い出し気になったのは、亭主が最近どこで何をしているのだろう、ということです。あなたの借金問題に一番最適な解決方法を探しましょう

屈強診査って大事ですよ

 状態が悪すぎて、通常事務所休んじゃったっていうはなしです。
 いま、万歩計着けてたら、本当に4桁いったかな…?っていう生計。
 めしも大体食べてないです。いつもなら活動部の男ハイ生かってぐらい食べるのに。
 コンビニエンスストア御用達なら、ミートソーススパゲッティ+ジャイアントポークフランクとか。こんな企画。
 それが今日は早朝も昼間も食欲ゼロ。
 夕刻時分、ちょっとだけポテチが恋しくなって、半分紙袋ぐらい空けて。夕御飯には… …キャベツ?
 キャベツに塩分昆布振り掛けて、ごま油掛けて、パリパリパリパリ…。
 …あんな惣菜。ひとまず、アメリカ合衆国は食べたけど、こんな惣菜。

 あすは昼間までぐっすり寝てみたり。
 数日振りにお風呂入って、あっさりしたり(悪賢い…(笑))
 夕御飯まともに食べられたり。
 …人並みの生活に戻った!
 とりわけ、昼間に胴が空いたのは神さま。料理するパワーまでは無かったけど、カップ麺作って食べたり。
 …ふぅ。これで、ようやく明日から売り買いに復職出来そうですよ。
 今回は長かったな~…。いつもなら、日帰り二日で治るのに。
 寧ろ、酷いといえば恐ろしいけど、何も事務所休む状況じゃなかったと思ったのに…。
 う~ん…例年悪化してるのかなぁ…? 本気でこれ、病舎で検査するの、考えた方がいいよな…。
 …っていうか、先日、病舎通ってばっかです。
 肌科(慢性肌炎)、神経科(偏頭痛)、整体院(腱鞘炎)…。患者だなぁ…(笑)債務整理は法律事務所で最後までやってもらえます