小学生時代のクラスメイトの言明

先日、田舎に帰ったときに母校の小学生の前文を通り、
当時のことを懐かしく思い出していました。

じんましんで入院した1年生の内。
レクチャーで身近からもらいゲロをした2年生の内。
ザリガニの背中に画鋲で罠をあけた3年生の内。
給食のミート核をぶちまけた4年生の内。
のどちんこを切って吐血した5年生の内。
「ボボボーボ・ボーボボ」にハマっていた6年生の内。

どんなアホな備忘録も、25年齢になった今となっては微笑んでしまう。

そんな私の小学生毎日を彩ったクラスメイトの中で、
別にスターだと思うH氏のことを紹介します。

それはある日の総合実践の時刻。

その日私たちの課程では、「友達好きな実績上の人柄を1者選び、
その人柄について調べてまとめた部分」の口外会を通していました。

H氏の選んだ実績上の人柄は、勝海舟でした。

ただし、亭主は流感で概況を崩し探索オペが大幅に遅れたのに加え、
持ち前のいい加減な実践愛想も手伝い、口外会の太陽が来たものの
勝海舟についてすっかりまとめることができていませんでした。

他の乳幼児たちは模倣用紙に色とりどりの画用紙やえんぴつでカラフルにデコしながら、
小野小町、シューベルト、原点頼朝、様々な人柄について発表していきました。

そうして何とか、H氏の番・・・

サボっていた亭主の模倣用紙はほとんど純白です。

息づかいをのむクラスメイト、そして医師の睨み。
かろうじて、実績の本を見ながら苦し紛れに描いたであろう勝海舟の似顔絵と、
「勝 海舟」とミミズがのたうち回ったような文字だけ書かれた模倣用紙を棒で示しながら、
亭主はこう発表しました。

「こちらが勝海舟について調べて分かったことは、額が大きいことと、鼻の罠がデカイことです」

H氏には、おんなじ小学生、中学生を出て以上10時代会っていません。
現在ちらっと思い出し気になったのは、亭主が最近どこで何をしているのだろう、ということです。あなたの借金問題に一番最適な解決方法を探しましょう